結婚した女性の転職は不利なのか

結婚した女性が転職をする際は不利と感じている人が多く、企業もいずれ妊娠して出産するのではないかと構えてしまう部分はあります。転職経験者の女性で人事から面接の際に「今後、出産の予定」はと聞かれた人も少なくないでしょう。 また、すでに子供がいる人は余計に不利に感じている部分は多いでしょう。万が一の子供の病気の場合どうするのか、残業は出来るのかなど、採用する側は突然仕事を抜けられては困るので対応を聞きたいところです。 しかし、すべての企業が結婚した女性に閉鎖的でもなく、敢えて今後の予定や子供の万が一のケースを訪ねる事は採用したい前提があって聞いておきたいという場合もあります。「絶対残業が出来ない」、「子供が病気になったら休みたい」と、働く上で100パーセント自分の都合通りにはならないので譲歩する場面も出てきます。「この日だったら調整が出来るので残業できます。」や、「病児保育に登録したので空きがあれば預けます」など臨機応変な姿勢があると企業も採用後で働く姿を想像できるので採用に繋がりやすいでしょう。 仕事に家事が付きまとう人は上手くやりくりして柔軟な働き方を見つけて実行する事が成功するカギとなります。 307

女性の営業職の転職について

最近では、男性や女性に関係なく、いろんな職業に就く人が増えています。 例を挙げれば、男性でも看護師や保育士、キャビンアテンダントなどの仕事をする人も多いですし、女の人でもダンプカーを運転したり、医師や弁護士などの職業に就いている人はたくさんいます。 そのため、転職サイトでは、男性や女性に関係なく、求人をかけている仕事もあります。 例えば、営業職などもその一つです。 営業職とは、会社の顔であり、会社はこの力で成り立っていると言っても、過言ではありません。 そのため、ノルマなども厳しく、責任は重大です。 以前は、ほとんどが男性ばかりでしたが、近頃では女性も増えてきています。 女の人でも、バリバリ稼ぎたい、責任のある仕事がしたいなどの希望を持つ人が増えてきており、仕事が生きがいだという人も多いのです。 この仕事は、自分が頑張った分だけ、成績も上がり、会社の経営にも影響しますので、やりがいもあります。 仕事は深夜遅くまでなることもありますが、ノルマをこなした後はとても大きな充実感を得ることが出来ます。 女の人でも、成績が良ければ、管理職になることも可能です。 転職サイトでも、たくさん掲載されていますので、興味があれば、一度応募してみてはいかがでしょうか。 308